バス三昧

日ノ丸自動車のバケルトン 385&384

もうずいぶん古い写真になりますが,鳥取県の日ノ丸自動車にもかつてバケルトンが存在していました。しかも路線車と貸切車の2種類です。
そのうちの路線車を。
型式は,76年式の日野RE100Pなんですが,当時の最新のスケルトン車であったブルーリボンRTやHTのようにボディを改造した車両です。側窓もメトロ窓にしています。しかし,非冷房で,リヤに改造前の姿を残したままの,見る人が見ればすぐ発覚する,といったものです。
鳥22か・385 RE100P(76年式)
アングル的には今一の写真ですが,この車を追いかけて山奥?の終点まで延々追いかけて撮らせてもらった写真です。この1台だけの貴重な存在でした。
ちなみに,改造前の姿として同期に入った同型の僚車384の姿も載せておきます。
じっくり見比べてみてください。
でも,これだけ金をかけて改造するだけの価値がある車だったかどうだか…
それがわかったからこそ,この1台だけだったのかも・・・

c0188757_2155528.jpg
c0188757_2156695.jpg
c0188757_21562016.jpg
c0188757_21563599.jpg

[PR]

by HT225AA | 2009-03-23 22:00 | 鳥取のバス
<< 日ノ丸自動車の懐かしい写真 1... 大分バス~転入車~ >>