「ほっ」と。キャンペーン

バス三昧

京阪バスの懐かしい定期観光車 C1554&C3449

再び京阪バスの定期観光車です。
過去にはこんな珍車がいましたネ。
京22か3036 K-MP518N(82年式) 呉羽ボディ コード№C1554
京22か3246 K-RC721P(83年式) 日野ボディ コード№C3449
やはりどちらも路線バスのシャーシに観光バスボディを架装していますね。
ただし,型式でわかるようにC3449号車は高出力です。
これは,それまでの標準床からデッカー車になったためかと思います。
C1554は,一見フルデッカーⅡのように見えますがスタンダードのMPシャーシと,全国的に見ても珍車でしょう!この年三菱車は5台このタイプが導入されましたが,日野車は従来どおりモノコックボディで5台導入されています。
そして翌年が,日野車はスタンダードではなく2台がデッカー車になりました。しかし2台は従来どおりのボディでした。
この当時,京阪バスの定観車はこれまで紹介したように,特注?の珍車ばかりが導入され,バスマニアとしてはとても楽しかったのですが,その後87年からは一般的な観光車(エアロバスとブルーリボン)に変わってしまいます。

c0188757_7261074.jpg
c0188757_7262546.jpg

[PR]

by HT225AA | 2009-05-24 07:27 | 京阪バス・京阪グループ(京都)
<< 美浜町コミュニティバス レイ... コスモ観光のセレガ 1601 >>