バス三昧

国鉄バス 5

国鉄バスは,東海地区には日産車と日野車を中心に配置されていました。
そんな中の3種です。
名古屋22か2124 UA30L(76年式) 富士ボディ コード№538-6901
前面が丸味を持つ傾斜した13型富士ボディを架装した,エアサス,メトロ窓,冷房付の上級路線車で,当時の岡崎営業所(当時は名古屋ナンバーで配置)所属のバスです。
名古屋22か3054 RA60S(79年式) 富士ボディ コード№748-9901
高出力国鉄専用型式の高速用車両です。以前に紹介した三菱車と違い,日デの高速車は,名古屋に集中配置されていました。
名古屋22か4847 P-RU637BB(86年式) 日野ボディ コード№647-6933
京都市内で撮影した貸切車です。国鉄の晩年,つまりJRになる少し前は貸切車も多く導入されましたが,高級車ではなくサイズもフルではなかった感があります。この車両もミドルデッカーの11.5mクラスです。

c0188757_20403958.jpg
c0188757_20405624.jpg
c0188757_2041661.jpg

[PR]

by HT225AA | 2009-06-05 20:43 | 国鉄バス
<< 大阪市バスのRT型3種 大阪市バス 南港コスモスクウェ... >>